スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

never say I'm busy

いろいろと忙しい
ヒーローショー、ゼミ、プロジェクト、サークル。
でもふと、ぼーっとしている時間が多いことに気づく。
時間をまだまだ有効活用できていない。

忙しいを理由に何かを諦めるのはやめよう。
忙しいを理由にするのは出来ないやつのすることだ。

本を読んで、女の子と遊んで、勉強して、映画を見て、京都を散策して、人と関わって、定期的に親に連絡をとって、昔の友達を思い出して、ジャンプを読んで、バンジージャンプをして、英会話をして、バイトをして、自炊をして、洗濯をして、きちんと睡眠をとって、風呂に入って、

それでもまだ出来る事は、しなければいけないことは、
想像以上にあるはずだ。
スポンサーサイト

友達としてはすきだけど」
定型文ながら実際言われるとガツンとした衝撃。
少し前にすごく好きな子に振られて以来、ある意味落ち着いていた人間関係を見直し始めた。今までそんな話題を誰かに話すなんて恥ずかしいことだと思っていたのに、今回ばかりはとにかくこの気持ちをぶちまけて、少しでも楽になりたくて、ほとんど話したことのない顔見知り程度の人にも「俺一週間前にふられてさー」から切り出す。その話題だけであっという間に仲良くなれる。心理学でいう自己開示は本当だったんだ。友達を増やそうと必死になることに抵抗があった大学入学当初よりフットワークが軽くなったことに気づく。友達作りなんてモチベーションでどうにかなる。今までその子が自分の思考のほとんどだったのに、写真を見て「んー偏差値55」とのたまうそんな価値観を知り、思わず笑った。といってもこの話題で引っ張り続けるのは未練がましいので終わります。良くも悪くも刺激があると人って変わるんだ。スカイダイビングしたい。

少しは憧れる

物語とかに出てくるおじいさんって大抵「~じゃ」とか「わしは…」みたいな言葉を使うけど、実際にはそんな人みたことない。あれって、年寄りになったから自然にあのしゃべり方になるわけじゃなくて、その人が幼少に生きていた時代の話し方なんだよね。だから最近のおじいさんおばあさんが僕らとほぼ同じ言葉遣いをするのも当然といえばそう。となると僕は定年を迎え、老いを意識し始めたとき、「年寄りらしい」話し方にシフトチェンジしなくていいということか。あーよかった。小学生のころ家族内での一人称を初めて「俺」に改めたときのあの気恥ずかしさといったらない。まあ、このままいくと「~じゃね?」「イイネ!」「あざーす」みたいなお年寄りが増えるんだろうけど、それはそれで面白そうだ。もし正しい日本語がそれらになっても、もしくは古文の時間に文法問題として出てきても、日本語ってガラパゴス化してるから海外の人は文句言えない。なんら問題はないと思う。

よし

クリスマス爆発しろ


というわけで始まりました。
クリスマス更新と言う事でいつも以上ににぎやかな内容になればなと思っております。




いかんせん外に出れない。
ねたがない。

街に一歩でも踏み出そうものなら
そこはイルミネーションとアベックの魔界。招かれざる客、それは僕。

もはやクリスマスは日本には関係ないとか言ってられなくなって参りました。
宗教ではなく文化として国に根ずいてしまったものは間違いなく、まがい物ではなく
日本の国民行事なのです。

国民行事であるからには参加するのが常というものなのでしょうが
いかんせん参加規定がございまして恋人のいない方は退場となっております。
僕もこんな卑屈な記事を書いているのは本心ではなく日本人として国民行事に参加できなかった者達の悔しさを代弁しているのでございます。

大体憲法に記載されている平等主義に則れば国民行事と言うものは日本にすむ全ての民に平等に参加資格があるのであってこんな一部の人間だけが楽しむだけの行事はこれに違憲しているのではないかと思うのです。何を言いたいのかというとクリスマスは一人、もしくは友人で楽しむものにしてください、とそういうわけなのです。友達をカラオケに誘おうものなら何やらきまづい空気が流れるのは恋人オンリーというこの風潮、文化なのであります。今こそ全国のもてない者共よ立ち

ソラニンめっちゃ感動!

できなかった。


夢を追うか、仕事を見つけるかで葛藤する所までは共感できたんだけど
原付の運転中に泣きながら上を向いて、信号見てなくて事故るなんてお粗末な死に方はないと思う。


夢への後悔うんぬんの前に、まずは安全運転を心がけて欲しかった。そっから冷めてしまってそれ以降気持ちが入らなかった。主人公達がどんなふうに夢と現実に折り合いをつけて頑張るのかに興味があったのに、急に恋人の死を乗り越える映画に変わってしまったのが残念。まあもともとそっからが本筋なんだろうけど。僕は前半のままでいって欲しかった。


とりあえず登場人物を殺しとけばそっから感動的なオチに持ってけるだろうって作品が多い気がする。
そんなのはクイズヘキサゴンなみに飽きた。


じゃあお前書いてみろよとか言われても困るのでこのくらいにしときます。宮崎あおいはかわいい。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ランキング
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。